迫りくる「自己破産」の危機

非常にまずい状況になりました。

退職をして5日。
精神的なものから来る様々な自覚症状は和らいできたものの、
勇気を出して決断した任意整理の相談に陰りが・・・。

法律事務所への相談と結果

ネットで調べて、女性でも安心して相談できそうな法律事務所へ電話をしてみました。

女性のオペレーターの方が対応したので、少し気が楽に。
しかし、相談内容を細かに伝えた結果・・・

「現状では自己破産の手続きしかお手伝いできません」

との回答が。

やっぱりそうかー・・・。

うすうす感じてはいたのでそれほど驚かなかった。
さすが2回目の借金返済は違うね、と無理やり自分を鼓舞しつつ
ご説明します。

任意整理は、定期的な収入が見込める人ができる、利息なしで借りた分だけ返済を分割して行っていく方法。家族にばれずに遂行可能です。

自己破産は、定期的な収入が見込めない無職の人で、家族の協力も得られない場合に選択し借金をチャラにするもの。ただし、家族バレしますしスーパーブラックとして各所に登録されます。

今回私が目指したのは任意整理です。
利息なしで借りた分だけ返します!だから待って!!とお願いするパターンなのですが、
現状無職なので「定期的な収入が見込める」という条件を満たすことができず
任意整理を依頼することができないのです。

分かってはいたんですけどね・・・。

自己破産を回避し、任意整理を行う方法

とにかく職を見つけて就業する事。

これにつきますね。

聞いたところ、週何回か定期的に働いてコンスタントに収入を得られるのであれば、
アルバイトでもパートでも良いとのこと。

とにかく返済能力があることを示すために

  • 定期的に働いています
  • 定期的に収入があります

といった状況が必要とのこと。

当たり前のことですけどね・・・。
メンタルで退社した身としてはもうちょっと休みたかったけど仕方がない。
自業自得ですから。

スポンサーリンク

行動開始と次の予定

とにかく、職を見つけることが第一ということで
早急に探すことにしました。

できれば家からそう遠くないところ。

正社員にはこだわらず、派遣や契約社員でもいいから全力で探します。

苦しい、痛い。

ここでダメになりたくないからやれることはやるんだ。