督促状の存在を失念していたら、簡易裁判所から特別送達というものが来た。

やばいやばいやばい。

怖い・・・!

人生初、簡易裁判所からの特別送達というものを受け取ったナウ です!!

残された貴重なクレカ(家族カード)の支払いもなんとか頑張れていて、
弁護士事務所への支払いもなんとかこなせていて、
その他支払いも送れなく頑張れていて順調だ!と思っていた矢先の話です。

やっぱり、上手くいくようになっても
今までの自分の甘さが後から後から追いかけてきますね。

早く楽になりたい・・・。

スポンサーリンク

簡易裁判所からの特別送達とは

貸しているお金をいつまでも返してくれないし
連絡しても返事がないから裁判起こすよ!!
あなたは被告ね!!!

という連絡です。

特別送達という配送方法は、受け取りをチェックしているので
拒否すると裁判所に連絡が行くので必ず受け取る必要があります。

ということで、速攻受け取ってきました。

郵便局の窓口でヒヤヒヤしながら受け取ってきました。
人生初の裁判所からの直接的な通達です・・・。

あああ、いい大人がやってしまった。

全身から血の気が引きます。

内容を見てみると、

利息がかなりついていて、3か月前の督促状に書かれていた金額から20,000円も増えていました。
無理だ・・・・返せない。

そして、来月に裁判をやるから
言い訳を資料として書いて、それを持参して裁判所に来い。
と書いてありました。

マジで無理・・・。

詐欺ではありません。

本物です。

特別送達が送られてきてしまった原因

あるエステサロンを解約したのですが、
残りの代金の支払い方法を決めずに、ほったらかしにしていたのが原因です。

  1. 解約連絡を電話で入れる(3月)
  2. 残債をどうするか決めなかったので督促状が届く(4月)
  3. 督促状の存在を失念、電話にも出なかったので裁判所から通達が届く(今ココ)

過去の自分をいくら罵っても過去は過去。
もっと早く連絡をとっていればこんな事にはなっていなかったでしょう。
もはやどうしようもないので現実を受け止めるしかありません。

そもそも、仕事用の番号を登録していたはずなのに、
私用の携帯電話に電話がかかってくるようになってきた
のが不思議でした。

おそらく、どこかの機関に照会されてかけてきたのでしょう・・・(怖)

夫のところには連絡がいってないみたいですが、
前の職場には問い合わせているかも知れないと思うと本当に恐ろしい。

受け取った後にやるべきことは

自分では知識も何もないし、任意整理を開始していることもあって
担当して下さった法律事務所に相談の電話をすることにします。

どのアドバイスサイトでも、担当している弁護士や司法書士がいる場合は
早急にコンタクトを取ることを薦めているので、仕事の合間を縫って電話をしようと思います。

怒られるんだろうな~

何とかいい方法ないかな・・・。

とにかく、指示を仰ぐことが先決ですね。

急な事で混乱や焦りや恐怖、色々な気持ちがごちゃ混ぜになっていて
非常に不安なのですが、なんとか頑張ろうと思います。

スポンサーリンク